ホーム » 担当教員

担当教員

担当教員

齊藤 滋規

東京工業大学 環境・社会理工学院 教授

2013年夏から1年間,米国スタンフォード大学に客員准教授として滞在.スタンフォードd.schoolの長期プロジェクトに関わるかたわら,デザイン思考を用いた製品・サービス設計長期プロジェクトである有名授業ME310の教員チームにも関わる.帰国後,東京工業大学のEDGEプログラムであるCBECプログラムに参画.デザイン思考をベースとした授業群の主担当を務める.

坂本 啓

東京工業大学 工学院 准教授

1975年大阪府生まれ。2004年米国コロラド大学ボールダー校博士課程修了。Ph.D. (Aerospace Engineering Sciences)。2005〜2006年日本学術振興会海外特別研究員(コロラド大学およびマサチューセッツ工科大学)、2007年日本学術振興会PD(日本大学)。2008年より東京工業大学。専門は宇宙構造物工学。日本航空宇宙学会、日本機械学会、米国AIAA会員。UNISEC理事。

因幡 和晃

東京工業大学 環境・社会理工学院 准教授

産学連携プロジェクトや共創スペースにおいてデザイン思考を活用してユーザーと共に課題を抽出し、機械工学、特に構造力学や混相流などの応用力学を核としたエンジニアリングで課題解決のための要素技術の開発や製品設計を行うことで、ユーザーに革新的体験を提供するための研究を行っています。

大橋 匠

東京工業大学 環境・社会理工学院 助教

2018年東工大博士課程短期修了、技術経営専門職学位課程修了。博士(工学)、技術経営修士(専門職)。2019-2020年スタンフォード大学客員助教。教育系NPO理事などを務めた経験を持ち、延べ5,500人以上にワークショップを実施。技術が社会に根付くためにどのように変わるのかに興味を持ち、畜産、介護、起業家教育など、多岐にわたる現場でアクションリサーチを行う。

田岡 祐樹

東京工業大学 環境・社会理工学院 助教

東京工業大学工学院機械系エンジニアリングデザインコース博士後期課程修了。博士 (学術)。専門は、共創デザイン、エンジニアリングデザイン。

Yuval Kahlon

東京工業大学 環境・社会理工学院 助教

東京工業大学環境・社会理工学院エンジニアリングデザインコース博士後期課程修了。博士 (学術)。

竹田 陽子

東京工業大学 環境・社会理工学院 特任教授
東京都立大学 経済経営学部 教授

長谷川 晶一

東京工業大学 科学技術創成研究院 准教授