東京工業大学

エンジニアリングデザインプロジェクト

エンジニアリングデザインコースの必修科目であり、約半年間をかけたPBL型の授業です

Card image cap

「身体的機能の衰えに備え,これからも外出を楽しむための出発体験をデザインせよ」というテーマに取り組み,UROBONというプロダクトを作成しました.(2019年度/パートナー企業:YKK AP)

Card image cap

大勢が所属するシェアハウスにおいて、グループチャットで会話を広げるのも気が引ける人のため、会話を通じて「知る」ことに着目させた製品です。(2019年度/パートナー企業:Panasonic)

Card image cap

夕食の準備中の親子の関係に着目した「子どもがリビングにいてもキッチンが見られる」プロダクトです。(2019年度/パートナー企業:さくらインターネット)

ブログ新着記事

2020年度

2019年度

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

  • デザイン思考基礎
  • エンジニアリングデザインプロジェクトA
  • エンジニアリングデザインプロジェクトB/C